薬王山瑠璃光院 普光寺(小川厄除大師)

埼玉県比企郡比企郡小川町大字中爪1042

本尊・薬師如来

 天台宗。  寺伝によれば,「小川の大師さま」として慕われている普光寺は,正保2年(1645)創建の天台宗比叡山の格式高い末寺。 江戸時代は上野寛永寺の直末でした。正月の1/3の初大師は,だるま市がたち,柴燈護摩修行の火渡りなどが行われ, 大勢の参拝客でにぎわいます。また,近在の家では厄除けとして,角を生やした夜叉の護符をいただき,家の門口に貼る 風習が今も続いています。火渡り行事「柴燈護摩修行」が行われます。 山伏修行の後に希望者が火渡りを行うこともできます。

2009年5月31日
山 門 参 道 本 堂

本堂内陣の壁画

本堂の天井画 鐘 楼